視力測定

ご満足いただけるメガネづくりのため
視力測定を大切にしています。
お客様の目の負担を楽にして
快適な人生をお送りいただけるよう、
最新鋭の検査機器にてご対応致します。

1.見え方のカウンセリング
快適なメガネを作製する上でも重要な「視力測定」。
お仕事・趣味・生活の中で、お客様の見え方のお悩みやご要望をお聞きします。
2.視力測定
お客様の眼の屈折異常(近視・遠視・乱視)をお調べします。
視力がどこまで出るのか、使用中のメガネや裸眼と比べてどう違うのか、
現在の眼の状態を確認します。
3.度数決定、見え方の確認、体験
快適に見える度数を確認するために必要に応じてより詳しい測定をします。
(両眼バランスチェック、利き目テスト、両眼視測定など)
さまざまな要素を加味して、お客様に最適な度数を決定していきます。
『両眼視機能検査』を行っています
両眼視とは、両目を同時に使って1つの物を見るということです。
両眼視をする上で必要となる要素
●左右の眼で見ているものが異なっていても左右同時に認識できること
●左右別々に送られた映像を頭の中でひとつのものとして認識できること
●同時視・単一視・融像がしっかりできること
によって“立体視”ができます。
左右の眼の視線にズレがある場合は眼から入った情報が脳で上手く1つに融像されないと、
物がダブって見えたり、遠近感や立体感の無い見え方となったり、
眼精疲労(目の疲れ・疲れ眼)肩こり、頭痛の一因となることがあります。
左右別々の眼から入った情報がキチンと脳で1つに融合されているか?
を調べる『両眼視機能検査』を当店では実施しています。
4.レンズのレイアウト設定、フィッティング
レンズを常に正しい位置に合わせることで、本来の性能を発揮します。
特に遠近両用レンズの場合、遠方から近方までの度数部分がありますので、
これを合わせることで快適な見え心地が得られます。
そのためフレームに対して、瞳がどこにあるのかを合わせます。
正しい位置に合わせる為の設定と、掛け位置を保つ為のフィッティングが重要です。
当社では、最新機器での視力測定と熟練の技能で、お客様に快適なメガネフィッティングをご提供しております。

有資格技術者が各店舗に在籍しています。

八巻

八巻

小林

小林

小林

小林

在原

在原

小林

小林

小林

小林

河野

河野

小野

小野

坂田

坂田

*眼鏡作製技能士とは
厚生労働省が令和4年度に新設した、眼鏡技術者の国家検定資格制度です。
「眼鏡作製技能士」は眼鏡作製の総合エキスパート。
確かな知識と技術で、最適・快適のメガネをご提供いたします。
アイベルではお客様の眼のために、日々技術向上に努力しております。

アイベルの検査機器ご紹介

調節機能解析装置
南房総に2台のみの調節機能解析装置で疲れ目や老眼を測定
(木更津店と君津店に設置)*令和5年1月現在(NIDEK調べ)
目の調節機能を測る「調節機能解析装置」で目のストレスや疲れ目、老眼の状態を測定。
用途や目的に合わせた「見たい距離を楽に見るメガネ」をご提案いたします。
検査機器
国内最高レベルの検査機器を設置した安心の視力検査
実際のメガネに近い状態でスムーズな検査ができる国内最高峰の検眼機です。
お客様と一緒に情報を共有できる対話型コンピュータ機器を全店に設置。
深視力検査
正確な深視力測定で免許更新の際の不安要素を事前に解消
深視力検査は大型自動車免許や二種免許の取得・更新試験の際実施される視力検査の一つです。
アイベルでは全店で事前にチェックすることが可能です。
明視域アプリ
明視域アプリを活用して快適レンズを事前にシュミレーション
お客様に最適なレンズが一目でわかる明視域アプリ。
お客様と情報を共有しながらご実感いただける、とってもわかりやすいアプリを導入。
画面でご覧いただきながら、ご説明してまいります。
LLI セレクター
お一人おひとり専用設計で作成する 「HOYA BOOM indvidual レンズ」
お求めの際は LLI セレクターを使用してフレームとレンズの装用条件を分析し、
測定結果をオンリーワンのレンズ作りに反映させます。