眼鏡作製技能士

【国家検定資格】

眼鏡作製技能士とは

眼鏡作製技能士とは、国家検定を通過したメガネ作製の国家検定資格です。
技能検定「眼鏡作製職種」の新設は、多様化・高度化する顧客のニーズに伴い、「適切な診断・治療」と「適切な眼鏡作製」の双方の実現に向けて、眼鏡技術者が眼科専門医と連携しつつ、国民により良い眼鏡を提供し、目の健康を守れるよう、眼鏡作製の技能を高めていくことを目的としています。

令和4年、厚生労働大臣から認可された国家検定資格 『眼鏡作製技能士』 が誕生しました。
眼鏡作製において、お客さまのメガネの使用状況・使用目的を聞き取るとともに、視力の測定、レンズ・フレームの販売、加工前作業、レンズ発注・加工、フィッティング、引き渡し、アフターケアを行う眼鏡作製の総合エキスパートです。。

八巻

八巻

小林

小林

小林

小林

在原

在原

小林

小林

小林

小林

河野

河野

小野

小野

坂田

坂田